建物の印象を大切にし、自分らしさを反映させたいとお考えの住宅所有者の皆様。
外壁塗装でトレンドや周囲との調和を図りつつ、自宅の外観を一新したいというご希望をお持ちではないでしょうか。

本記事では、2021年のアンケート結果に基づいた外壁塗装の人気色と、色が建物に与える印象の具体例をご紹介します。
また、外壁の色選びで注意すべきポイントについても解説いたします。
これらの情報を参考に、理想の外壁選びに役立てていただければ幸いです。

 

□人気色から見る外壁塗装の塗り色の魅力とおすすめ

 

外壁塗装において、色塗りする色選びは建物の印象を大きく左右する重要な要素です。
ここでは、2021年のアンケート結果をもとに、外壁塗装の人気色TOP10と、それぞれの色が建物に与える印象について詳しく見ていきましょう。

1:清潔感と上品さを演出する白色

白色は外壁塗装の定番色であり、清潔感や明るさを演出する効果があります。
周囲の環境とも調和しやすく、シンプルで上品な印象を与えます。
白をベースにしたツートンカラーの事例では、美しい外観と長期的な美観維持を実現しています。

2:温もりと柔らかさを添えるアイボリー・クリーム・オフホワイト

アイボリーやクリーム、オフホワイトなどの色は、温かみと柔らかな印象を与え、人気が高くなっています。
真っ白だと汚れが目立ちやすいため、少しやさしい色味を加えることで、落ち着いた雰囲気と優雅な印象を醸し出すことができます。

3:都会的でモダンな雰囲気を生み出すグレー

グレーは、シックで洗練された雰囲気を持ち、都会的でモダンな印象を与えます。
他の色との相性も良く、様々な建物のデザインにマッチします。
また、汚れが目立ちにくいことも人気の理由の一つです。

4:自然な温かみを感じるブラウン

ブラウンは自然な温かみを持つ色であり、外壁塗装でも人気があります。
落ち着いた雰囲気を演出し、周囲の環境に溶け込みやすい特徴があります。
木目調のサイディングとの相性も抜群です。

□外壁塗装の色選びで注意すべき5つのポイント

 

外壁の色を決める際には、いくつかの重要な考慮事項があります。
ここでは、失敗を避け、長持ちする美しい外観を実現するために注意すべき5つのポイントを解説します。

1:近隣とのバランスを考慮する

外壁塗装の色選びでは、近隣の建物とのカラーバランスを考慮することが大切です。
周辺環境と調和する色を選ぶことで、街並みに溶け込みつつ、個性を表現することができます。

2:景観ガイドラインの確認を忘れずに

地域によっては、街の景観を維持するために外壁の色に関する規定があります。
外壁塗装を行う前に、お住まいの地域の景観ガイドラインを確認し、ルールに沿った色選びを心がけましょう。

3:屋根やサッシなどとの色の相性にも注目

外壁の色は、屋根やサッシ、ドアなどの色との相性も重要です。
全体のバランスを考え、違和感のない組み合わせを選ぶようにしましょう。

4:軒天井は外壁よりも薄めの色がおすすめ

軒天井を塗装する場合は、外壁よりも薄い色を選ぶのがおすすめです。
影になりがちな軒下を白や薄い色で塗装することで、重苦しい印象を避け、立体感を演出できます。

5:施工写真の影の見方にも注意

外壁塗装の施工写真を見る際は、影になっている部分と日の当たる部分の色の見え方に注目しましょう。
晴れた日と曇りの日で色の印象が大きく変わる場合があるため、両方の状況を確認することが大切です。

 

□まとめ

 

外壁塗装の色選びは、建物の印象を大きく左右する重要なポイントです。
館山市・南房総市・鴨川市周辺で家づくりを検討している方は、いつでもご相談ください。